Web開発の仕事内容と現状

Web開発は、サイトやアプリの機能面をプログラミングする仕事だ。
検索サイトやショッピングサイトで用いられている検索機能が代表的な例である。サイトを便利にする機能を設定することで利用者増加をサポートしている。
システムエンジニアによって設計された仕様書を元に、プログラミング用語などの知識と技術を駆使して作業を行う。非常に高度な専門技術が必要とされる職種だ。経験が豊富であればシステムエンジニアの仕事を任されることもあり、一般企業よりも高額収入が期待できる。

一方、残業や徹夜作業が日常茶飯事で多忙な部分がある。休日返上も比較的多く、専門知識だけではなく体力も必要とされる。
地味なパソコン作業をイメージする人が多いが、実はクライアントやプロジェクトメンバー間のコミュニケーションも非常に重要となっている。そのためコミュニケーション力に欠ける人材が適性不一致を起こすことも多い。
就職活動や転職活動の段階で、職種に対して深く理解した上で勤務した方が良いだろう。

また、男性社員の割合が高いので、女性社員に対する理解度が薄い傾向にある。特に出産・育児に関する制度はまだまだ不十分な企業が多い。
残業などが多く、出産後すぐや育児中の女性社員が復帰することが難しくなっている。
理解度が高い企業では在宅勤務制度などを取り入れ、女性社員が活躍できる環境が整えられている。
しかし、出産を経験して復帰している女性社員が他の業界に比べて低いのが実情だ。