コミュニケーションが大事

Web開発は、パソコンに向かって黙々と作業をする仕事をイメージしている人も多い。実際、Web開発の主な仕事は、システムエンジニアの仕様書を元にプログラミングすることだ。主にサイトの機能面に関する作業を行う。
イメージ通りパソコン作業が多い仕事だが、それ以外の仕事もある。

プログラミングにおいて、システムエンジニアとの綿密な話し合いが必要だ。クライアントの要望や設計内容を理解するためにも、システムエンジニアとの連携が重要となる。プロジェクトを複数のメンバーで行っている場合、メンバー同士のコミュニケーションも頻繁に生じる。

また、経験が豊富になれば、システムエンジニアの仕事を担うこともある。そうなるとクライアントとのやり取りなど、さらに対人業務が増えることになるだろう。
このように、パソコンで黙々と作業をするイメージとは少しギャップのある、コミュニケーションが必要な仕事内容も含まれている。

高額収入が魅力的な仕事だが、その反面残業や休日返上が多くなっているのも事実だ。
企業によっては、残業代が一部しか支給されない所もある。そのため、時給に換算すると非常に低い賃金となっていることもあるので注意が必要だ。
職種の理解を深めないまま勤務してしまうと、勤務時間と賃金のギャップに驚いてしまうかもしれない。適性不一致や退職の原因と成り得るので、事前に職種に対する理解は深めておいた方が良いだろう。